キッチンは何型?本当に使いやすいキッチンとは

料理に集中したい人向けのクローズ型キッチン

主に料理を担当する主婦にとって、キッチンの型選びは重要です。キッチンには大きく分けて「クローズ型」と「オープン型」があります。どちらが自分にとってメリットが大きく、使いやすいタイプかを考えてゆきましょう。
クローズ型とは文字通り「閉じている」キッチン。家族が過ごすダイニングからは少し離れているか、独立しています。そのため肉や魚など、臭いの強いものを調理してもダイニングには届きにくい点はメリットです。ダイニングと仕切られているため、料理に集中することもできます。しかしその一方で家族の様子が見えにくく、コミュニケーションを取りづらいというデメリットがあります。そのためクローズ型キッチンは「誰にも邪魔をされずに料理に集中したい」という人に向いています。

ホームパーティー好きならオープン型キッチン

オープン型キッチンは「開いている」という意味の通り、ダイニングと一体化した明るく開放的なキッチンです。ダイニングとの仕切りがないため、料理中でも家族の様子が見えやすく、小さなお子様がいても声をかけやすいため安心です。手早く料理を作ってすぐに食卓に出せるので、ホームパーティーの好きな方にもおすすめの型でしょう。しかし、オープンなだけに魚を焼いたときの煙や臭いがダイニングに届きやすいところが難点です。そのためオープン型キッチンはコミュニケーションを重視したい人に向いています。
また、調理台やキャビネットでダイニングと仕切る「セミオープン型」も人気です。料理に集中することも、ダイニングにいる家族とコミュニケーションをとることも適度にできるため、クローズ型とオープン型のいいとこ取りともいえます。迷ったらセミオープン型を検討するのもひとつの方法です。ぜひあなたにとって使いやすいキッチンを選んでみてください。

最近ではパソコンのソフトのみならず、スマートフォンのアプリでも間取りの作成をすることができ、理想の住まいづくりを考える上で役立ちます。